読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリン園

人生すべてがコンテンツ

【ネタバレ無し】シン・ゴジラは「実写版エヴァンゲリオン」でした。

f:id:zentoyoyo:20160807213902j:plain

本日、シン・ゴジラを鑑賞してきました。

感想から言いますと、もう最高に面白い映画でした。超面白い。超超面白い。ネタバレ無しで、ちょっとだけ紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネルフvs使徒

「シン・ゴジラ」は、東京に突如現れたゴジラと日本政府&自衛隊の戦いを描くわけですが、その描き方というか空気感が、もう完全にネルフと使徒の戦いそのままでした。

演出も随所にエヴァを意識したものがあったり、話の展開の仕方は「エヴァンゲリオン新劇場版・序」を思わせます。

どんな人にオススメ?

とはいっても、シン・ゴジラに「人類の救世主たる巨大ロボット」みたいなものは当然ながら登場しません。エヴァンゲリオン的なチート兵器は存在せず、人類の叡智を結集させ、ゴジラに立ち向かいます。

なので「実写版エヴァンゲリオン」とは言ったものの、エヴァと使徒とのド派手な戦いのようなシーンは当然ながらありません。

しかしながら、例えばエヴァの「ヤシマ作戦」だったり、テレビアニメ版第13話のイロウル(コンピューターウイルス型の使徒)との戦いなど、「ネルフの人びとvs使徒」のシーンが好きな人は、絶対観たほうが良いです。

緻密な作戦を立て、団結して超強い敵に立ち向かう。僕はエヴァのそういうシーンが大好きだったんで、もう最高に興奮しました。

アニメ監督らしさ

シン・ゴジラを観ていて気になったのは「カット割り」の多さ。

単純なシーンでも、次々とカットを切り替える。実写映画では普通、役者の演技を見せるためにここまでカットを割るって無いんだけど、この辺はアニメ監督である庵野さんらしさだと感じました。

ゴジラが超怖い

ゴジラが怖かった。めちゃくちゃ不気味で怖かった。

別にモスラやらキングギドラをぶん投げるわけでも無く、ただゆっくりと歩いてるだけなのに超怖い。このへんの怖さ、不気味さの演出はさすが。

まとめ

というわけで、エヴァ好きはとりあえず見ておいて損なし。絶対楽しめます。もちろん、エヴァ知らなくてもすごく面白い映画です。もしかしたら、初代ゴジラを観ておくとさらに楽しめるかもしれません。

特撮って最近失敗ばっかり(進撃の巨人、テラフォーマーズなど)でしたけど、そんな悪い流れを断ち切る素晴らしい特撮映画でした。

最後に

庵野さん、次はウルトラマンお願いします。

 

f:id:zentoyoyo:20160510010321j:plain  

f:id:zentoyoyo:20160510004450j:plain