読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリン園

人生すべてがコンテンツ

はてなブログって、YouTubeみたいだね。

f:id:zentoyoyo:20160402005657j:plain

こんばんは。

僕は毎日2時間以上YouTubeを見ます。テレビっ子ならぬ「YouTubeっ子」です。

そんな僕が最近思うのは、YouTubeにおける「人気の動画の移り変わり」が、今のはてなに似ているような気がする、ということ。

「何を見る」から「誰を見る」へ

YouTube初期の頃の人気動画といえば、違法にアップロードされたテレビ番組や、インパクトのある一発ネタ(コーラにメントス入れてみた、とか)ばっかりだった。

つまり、「一本の動画として面白いかどうか」が重要で、「誰が投稿した動画か」なんて、誰も気にしていなかった。

 

それが2011年頃になると、YouTubeを「ブログ的」に使う人が出てきた。その人達はいつからか「ユーチューバー」と呼ばれるようになる。

そして、現在のYouTubeの「人気動画ランキング」は、ほとんどがユーチューバーと呼ばれる人たちの動画で埋め尽くされている。

大体がゲーム実況、商品レビュー、〇〇やってみた、とかそんなのだ。超人気ユーチューバーともなれば、「雑談してるだけで100万再生」なんていう動画も普通にある。

その人に興味の無い人が見たら「何が面白いの?」という動画で、ランキングは埋め尽くされる。

 

現在のYouTubeにおいて、もはや「何を見るか」はあまり重要ではなくて、「誰を見るか」のほうが大事なのだ。

視聴する側は、投稿された動画が、「動画として面白いかどうか」は別にどうでもよくて、「誰が作ったか、誰が出演しているか」が動画の人気を決める。

つまり、ユーチューバーからしたら、「いかに面白い動画を作るか」ではなく、「いかに自分の”ファン”を増やすか」が重要になる。

 

はてなの今

「ブロガー同士の互助会が横行していて、はてなブックマークが質の低い記事で埋め尽くされてる。」という批判。

よく見る、よく見るよ。

 

要するに、記事の質と人気(ブックマーク数)が釣り合っていないと。

確かに、記事単体でみたら、そう思える場合もあるかもしれない。

 

でもたぶん、「誰が書いた記事か」が重要なんだ。

もはや記事の内容だけで面白い、面白くないを決める時代は終わったのかもしれない。誰が書いた記事か、それが一番力を持つ。

「文章を書くのが超上手いブロガー」より、「多くのファンを持つブロガー」が勝つ。

 

こういう書き方をすると誤解を生むかもしれないけれど、僕も知らない人が書いた記事よりも、普段仲良くしている人が書いた記事のほうが「読みたい」と思えるし、「面白い」と感じることも多い。

 

ファンが多い、で思い浮かぶのはヒトデさん。記事ももちろん面白いんだけど、「ブログのファンが多い」というより「ヒトデのファンが多い」という感じだよね。YouTubeで言えばHIKAKINとかはじめしゃちょーとか、そんな感じかな。

 

「記事の質」で人気が決まる時代は、終わったのかも。

僕は互助会を肯定するつもりはない。

けどさ、たぶんこれからの「人気ブロガー」は、「文章を書くのが上手くて、みんなのためになる記事を書く人」では無くなるんじゃないかな。もちろん、それも重要な要素だけど。

 

それよりも、「あの人の書く文章を読みたい」というファンを増やせるか。

これからは「ブログのファンを増やす」のではなく「自分のファンを増やす」のが重要になる、と思う。

 

 で、「ブログのファン」を増やすにはブログを書くしかないけど、「自分のファン」を増やすには、Twitterとか、オフ会とか、ツイキャスとか、色んな手段があるよね。

 

そういうブログ外の活動とか、「ファン」によるブックマークとか。それらを慣れ合い、互助会と捉えるかどうか、それだけだと思う。

  

おわり。

人気ブロガーになるために必要なのは、コミュニケーション能力かもねっ

 

f:id:zentoyoyo:20160510010321j:plain  

f:id:zentoyoyo:20160510004450j:plain

 

【もう一記事読みませんか?】