読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリン園

人生すべてがコンテンツ

台湾の地下鉄MRTに乗車!トークン&悠遊カード購入方法まとめ!

台湾ひとり旅シリーズ!

今回は、台湾の地下鉄、「MRT」の乗車方法をまとめた記事だよ!

MRTへの乗車方法は2つ。

  1. 切符(トークン)を利用
  2. 悠遊カードを利用

まずはトークンでの乗車方法から紹介しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「トークン」の購入方法

f:id:zentoyoyo:20160614004519j:plain

駅構内には、こんな感じの券売機がいくつか設置されています。

f:id:zentoyoyo:20160614004522j:plain

まずは、画面の下の方にある「日本語」を押して、日本語表示にしましょう。

f:id:zentoyoyo:20160614004537j:plain

あとは、日本での切符購入とほぼ同じ。目的地までの値段を選択して、枚数を選んで購入するだけです。

f:id:zentoyoyo:20160614004539j:plain

購入が終わると、下の方からコインが出てきます。

台湾の地下鉄は切符ではなく、コインのような青い「トークン」というものが切符の代わりになります。

「悠遊カード」の購入方法

f:id:zentoyoyo:20160619142215j:plain

そもそも「悠遊カード」とは何かというと、日本で言うSuicaとかPASMOとかの乗車カードの台湾版。

「悠遊カード」はさっきの券売機とは別の機械での購入になります。

f:id:zentoyoyo:20160619142532j:plain

画面右側の「購買悠遊卡」を押すと悠遊カードが購入できます。

ちなみに、カード発行時に預り金(デポジット)が100元かかります。これは、カードを返却すると帰ってきます。(日本のSuicaなどと同じ仕組みですね)

f:id:zentoyoyo:20160619142832j:plain

そんなこんなで無事に買えました。これが「悠遊カード」。

ちなみに、「悠遊カード」で地下鉄に乗ると、全区間の運賃が2割引きになります。なんちゅうカードだこれ。すげぇ。

そもそも、台湾の地下鉄は一区間80円とか。そもそもがめちゃくちゃ安い。それのさらに2割引きとか大丈夫なのか。笑

改札を通ってみよう

f:id:zentoyoyo:20160614004452j:plain

こんな感じで改札があるので、

f:id:zentoyoyo:20160614004741j:plain

真ん中の四角い部分に「トークン」または「悠遊カード」をかざします。

f:id:zentoyoyo:20160614004655j:plain

プラットフォームはこんな感じ。どことなく東京メトロっぽさがあるね。なんだか初めて来た気がしない。笑

車内はこんな感じ

f:id:zentoyoyo:20160619143532j:plain

MRTの「信義線」の車内です。普通に綺麗。

f:id:zentoyoyo:20160614004643j:plain

残念だったのがイスの硬さ...。クッション性ゼロ...。これ10分以上座ってるとお尻が痛くなってくる。ここは是非改善してほしい。

f:id:zentoyoyo:20160614004728j:plain

そんなこんなで、目的地に到着。

f:id:zentoyoyo:20160614004825j:plain

改札を出るときは、トークンを改札に投入し、返却しましょう。悠遊カードの場合はかざすだけだよ!簡単!

まとめ

初めてのMRTだったけど、迷うこと無く乗車できました!

台湾の良いところは、有名観光地のほとんどが地下鉄で移動できてしまうところ!MRTさえ乗れるようになれば、観光地への移動は楽勝でした。

というわけで、台湾旅行の際の参考にしてみてね!

以上!おわり!

 

【台湾ひとり旅の記事まとめページはこちら】

 

f:id:zentoyoyo:20160510010321j:plain  

f:id:zentoyoyo:20160510004450j:plain