読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリン園

人生すべてがコンテンツ

一個240円のおにぎりで、僕は「優越感」を手に入れた。

先日、東京へいくために新幹線に乗ったときのこと。

朝10時の新幹線だけど、寝坊したせいで朝ごはんを食べられなかったんだ。

 

新大阪駅に着き、朝ごはんでも買おうかとセブンイレブンに寄ったところ...僕は見つけてしまった。

240円のおにぎりを。

f:id:zentoyoyo:20160327173530j:plain

おにぎり一個で240円...?

具は「いくらの醤油漬け」。

迷った。

だておにぎりの基準価格(僕調べ)って120円とかでしょ?148円の煮玉子入りのおにぎりですら「高い」って思うのに、それすら軽々と超える240円って...。

牛丼買えちゃうじゃん。

 

でも僕は興味があった。

250円のおにぎりとは、どういう世界なのか。そこには、僕の知らない中流階級と上流階級の境目があるのではないか。

 

僕は、その興味に負けた。

 

キリンさん、おにぎり一点お買い上げです。

パッケージが、僕の気持ちを優雅にさせる

まず注目して欲しいのはパッケージだ。

f:id:zentoyoyo:20160327173010j:plain

もはや、三角では無い。四角いのだ。

そして正面には金色の特色インキを使ったシール。紅と金の組み合わせのパッケージは、非常に優雅だ。

 

「あら、あなたたち、まだ三角パッケージのおにぎりを召し上がってるの????」

 

という優越感。そう、このおにぎりは「優越感込み」の240円だ。

 

 味も、当然美味い

ドキドキしながら、開ける。

f:id:zentoyoyo:20160327173740j:plain

一口、頬張るっf:id:zentoyoyo:20160327173814j:plain

いくらは大粒だ。味もすごく良い。

でもな、

198円が妥当だ。240円は高い。味だけで言えば、240円分の感動はない。

でも、別に良い。

 

なぜなら、新幹線で、優雅な一時を過ごせたから。

「僕は良いおにぎりを食べてるんだ」っていう満足感を存分に感じられたから。

 

お金持ちって優越感に金払ってんのかな。

 

 まあでも、240円のおにぎり一個で優雅とか言っちゃうあたり、やっぱり僕は中流階級っ!笑

みんなも一度食べてみてっ!

 

以上!また見てね!

 

f:id:zentoyoyo:20160510010321j:plain  

f:id:zentoyoyo:20160510004450j:plain

 

【もう一記事読みませんか?】