読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリン園

人生すべてがコンテンツ

保護フィルムよりも保護ガラスをオススメする3つの理由

f:id:zentoyoyo:20160102010024j:plain

新品のスマートフォンを買ったら、まずすることってなんでしょう?

そう、「画面保護」ですよね。

方法は大きく分けて2つ。「保護フィルム」または「保護ガラス」です。

でも、断然保護ガラスがおすすめです。

今回は、私が保護フィルムよりも保護ガラスをおすすめする3つの理由を紹介します。

 

1.表面に傷がつかない

保護フィルムって、使っているうちに表面に傷がついていきますよね?

だから、ある程度使って傷がついたらまた新しいものを貼って...

って、面倒ですよね。

一般的に、保護フィルムは「PET」というペットボトルにも使われているような素材で作られています。柔らかくて丈夫な素材ですが、使っていくうちに擦り傷などはどうしても入ってしまいます。

しかし、保護ガラスには非常に硬いガラスが使用されるので、擦り傷なんてまったく入りません。

それどころか、カッターで表面を擦っても傷が入りません(粗悪品でなければ。)

カッターの刃ですら傷がつかないんですから、カバンの中や普段の使用で傷が入るなんてめったにありませんよね。

 

2.落としても本体を守ってくれる

f:id:zentoyoyo:20160102010030j:plain

保護フィルムは、表面の細かな傷は守ってくれても、落とした時の衝撃からは守ってくれません。

しかし、保護ガラスを貼っておけば、本体を落としても保護ガラスのほうが代わりに割れてくれるので、本体のほうのガラスは無事なのです。

本体のほうのガラスが割れてしまうと、修理に結構な料金が必要になる場合も...。

ちなみに、iPhone6sの場合、画面の修理(交換)は14,800円です。

 

3.価格はそこまで高くない

保護ガラスって値段が高いイメージがありますが、意外に保護フィルムと変わらない値段で買えてしまうんです。

例えば、ガジェット用アクセサリーなどで有名なAnkerの保護ガラスだと、1,000円以下で購入できます。

[amazonjs asin="B00U13K6Q4" locale="JP" title="Anker® iPhone 6 4.7インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム 3D Touch対応 9H硬度の液晶保護 & 96%の透過性 【18ヶ月保証】"]

保護フィルムを何度も張り替えるよりも、ずっと安上がりですよね。

 

むしろ保護ガラスを買わない理由がない

今回は保護ガラスを使用する3つのメリットをご紹介しました。

逆に、保護ガラスのデメリットとしてあげるとすれば、若干スマホが厚くなってしまうことぐらいですかね。

保護ガラスではなく保護フィルムを買う理由って、あんまり無いのではと思います。

保護フィルム派のみなさんも、保護ガラスの使用を考えてみてはいかがでしょうか。