読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリン園

人生すべてがコンテンツ

92年生まれの僕が大好きだったゲーム20本を紹介するよ!

ゲームボーイアドバンス ミルキーピンク【メーカー生産終了】

タイトル通りだよ!

現在23歳の僕が選ぶ、これまでに遊んだ中で特に思い出に残っているゲーム20本!

※画像はAmazonリンクです

 

1.ポケットモンスター ピカチュウ

ポケットモンスターピカチュウバージョン

 僕のゲーム史はここから始まった!

主人公のうしろを付いてくるピカチュウの可愛さ。

しかもフシギダネ、ゼニガメ、ヒトカゲぜんぶ手に入るというズルい仕様。

あの頃は小さなゲームボーイの画面の中のドット絵ですら、広大な世界に思えたのにね。戻りたい。

イワヤマトンネルで出口寸前で全滅して泣いた記憶あります。お母さんに八つ当たりしました。ごめんなさい。

 

 そういえばピカチュウ版が同梱された2DS出るらしいね。

ニンテンドー2DS 『ポケットモンスター ピカチュウ』限定パック
 

  

2.スーパーマリオランド3 ワリオランド

スーパーマリオランド3 ワリオランド

 

その後「ワリオランド」として続いていくシリーズ第一作目。

小学校の頃、親戚のおじさんに「誕生日プレゼント、何がほしい?」と聞かれ、「マリオのゲーム」って言ったのに、当日僕に渡されたのは「ワリオ」だった...

でもこれがめちゃくちゃ面白くて、その後のワリオランド2、3、アドバンスまで遊んだのでした。

めでたしめでたし。

 

3.コロコロカービィ

コロコロカービィ

 ゲームやってて思わずコントローラーを傾けちゃうって、子供の頃のあるあるだったよね。

このゲームは実際にゲームボーイを傾けてカービィを転がすんです。傾きセンサーみたいなのがカセット(死語)に入ってます。

上にヒョイッっとはね上げればカービィがジャンプ...のはずなんだけど、このジャンプがうまくいかなくて、何度ゲームボーイにブチ切れたことか。あのときはごめんね、ゲームボーイ。

 

4.ポケットモンスター 銀 

ポケットモンスター  銀

このころのポケモン人気ってやばかったよね。

TVチャンピオンでポケモンなんとか王決定戦みたいなのやってたよね。出たかったわ。

僕はルギアのかっこよさに惚れて銀にしました。弟は金を買いました。めでたしめでたし。

 

5.ポケモンピンボール

ポケモンピンボール

あんまり有名じゃないけど、超面白いよこれ。

しかもカートリッジ(死語)が振動するの!超エキサイティン!

スマホアプリに移植とかしてくれないかな。ピッタリだと思うのよね。

 

6.大乱闘スマッシュブラザーズ

ニンテンドウオールスター! 大乱闘 スマッシュブラザーズ

もうこの世にこんなに面白い対戦ゲームがあることが奇跡。

任天堂さん、ありがとう(媚売り)

何がすごいって、15年も前のゲームなのに、今遊んでも超面白いってこと。ほんとすごいよね。今でも友達の家に集まったらやります。

 

7.マリオカート64

マリオカート64

 こちらも何度対戦したことか。

ワリオスタジアムのショートカットとか練習したなぁ...何度やってもうまくいかないのよ、あれ。壁超えられないの。

 

8.ポケモンスタジアム

ポケモンスタジアム2

普通のポケモンバトルも面白いけど、何と言ってもミニゲームの楽しさだよね!

僕は「ベロリンガが寿司をべろりんするゲーム」が一番好きでした。

 

 9.ファイナルファンタジーⅨ

ファイナルファンタジー?

ファイナルファンタジーシリーズで一番好き。

なんと言ってもあの世界観。7とか8みたいな、SF風なイケメン主人公が出てくるお話じゃなくて、俺はファンタジーがやりたいの!

エンディングは感動した。可愛い世界観だけど、テーマは「生と死」。もう一度やりたい名作。

 と思って調べてみたらiOS/Android/PCで発売するのね!買うよ!俺は買うよ!

 

10.メイドインワリオ 

メイド イン ワリオ

メイドインワリオシリーズの第一作目。

超面白い。超面白いしか言えない。

5秒くらいのゲームを次々クリアしていくあの気持ちよさって、すごく新鮮だった。

 

 

11.黄金の太陽 

黄金の太陽  開かれし封印

有名なゲームじゃないけど、これも結構好き。GBAでは珍しい長編RPG。

グラフィックはGBAのゲームの中で最高クラスだと思う。

ダンジョンは謎解き的な要素があって、それを解いていくのが楽しかった。 

 

12.ロックマンエグゼ3

バトルネットワーク ロックマンエグゼ3

 3作目は名作になる、の法則だね。

内容はカードゲームとアクションゲームとRPGを足したような感じ。

僕はアクアカスタムスタイルでした。

 

13.大乱闘スマッシュブラザーズ

大乱闘スマッシュブラザーズDX

これもほんとによくやったなぁ。

大学生時代はサークルの部室にこれがあって、授業終わりにずーっとやってたね。ああぁ戻りたいあの頃に。

 

14.ピクミン

ピクミン

 現在3作目まで出てますが、やっぱり僕は1作目が好きです。30日という制限の中で効率よくパーツを集めるところに面白さがあると思うんだけど、2からは時間の制限がなくなってしまいました...。

自然の厳しさとか、「生と死」を、可愛らしい世界観で描いています。

余談だけど僕より僕の父のほうがハマってた。疲れたサラリーマンには何か思うところがあったのでしょうか。

 

15.どうぶつの森+

どうぶつの森+

僕のどうぶつの森デビューはゲームキューブ版でした。

僕は時間をいじったりせず、ちゃんと朝早起きしてカブトムシを捕まえてました。真面目かよ。

とたけけの駅前ライブが懐かしいね。「ケケライダー」がお気に入りでした。

 

16.ドラゴンクエストⅧ

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

キャッチコピーは、「見渡すかぎりの世界がある」

ほんとに、画面に広がる草原とか丘とか、ぜーーーーんぶ歩けちゃうのは感動した。

「この丘の先には何があるんだろう」 と、道を逸れて方向も分からないままさまよう感覚は、まさに「冒険」だった。

 

17.RPGツクール5 

RPGツクール5

僕はツクールシリーズの中でも名作に入ると思ってる。
PS2のメモリーカードの容量的に厳しい部分もあったりで、超大作はつくれないんだけど、3Dの家や乗り物、小道具などを自由に配置していく面白さは素晴らしかった。

 

 

 ちなみにツクールシリーズ最新作はこんな感じだよ!

 

18.ワンダと巨像

ワンダと巨像

一言でで言えば「美しいゲーム」です。

フィールド移動中は基本的に無音。必要最低限のステータスバー。

その空気感がとても美しい。

 

そして、巨像と対峙したときの恐怖。

モンスタハンターのドラゴンみたく、ド派手に咆哮するでもないのに、その圧倒的な存在感に身がすくみます。

巨像と対峙したときの壮大なBGM。巨大感を引き立たせるカメラワーク。

最高です。

 

19.メタルギアソリッド3

METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER

ストーリーも、グラフィックも、システムも、音楽も、PS2のゲームの中では最高レベルじゃないでしょうか。

随所に感じられる小島監督の「遊び心」が、このゲームの魅力でもあると思う。

 

 

20.モンスターハンターポータブル 

モンスターハンターポータブル

中学生の頃、土曜日の午前中に部活が終わったあと、友達の家で毎週のようにやってた。
ラオシャンロンをみんなで倒しに行く時のワクワク感は今も忘れられない。
それまで、「みんなでゲームをやる」イコール「対戦ゲーム」だったわけなんだけど、みんなで協力してゲームするって楽しいんだなぁ、って思った。

 

21.番外編 ポケットピカチュウ

任天堂 ポケット ピカチュウ

 これも結構流行ってた気がする。

簡単に言うと「歩数に応じてピカチュウが育つ万歩計」。

ピカチュウが育っていくのが楽しすぎて、常に身につけてました。 

 

 

まとめ

面白かったゲームはまだまだたくさんあるけど、とりあえず20本紹介!

最近ゲームはあんまりやらなくなってしまったけど、久々にゲーム機買おうかなって、記事書いてて思った!

 

以上、また見てくれよな!

 

 

【もう一記事読んでいきませんか?】